PAGE中古車を車査定に出す時の選択肢
中古車を車査定に出す時の選択肢

中古車の車査定は複数店での査定が高く売るコツです。

車を手放す際や新車に乗り換える際には現在所有している車を中古車として買い取りや下取りしてもらうことになります。
中古車の車査定の金額となるのは査定本基準です。
一般財団法人日本自動車査定協会という所から査定ガイドや中古車の小売価格や卸売価格を車種グレ-ド別にまとめた冊子か毎月1回発行されています。
基本的にはその中古車の車種、年式、グレ-ドです。

しかしながらその対象となる中古車の走行距離や車体色、傷み具合等はそれぞれの中古車の個体によって様々です。

基本となる金額からそれらを足したり引いたりして出されるのが査定額です。
現在ではたくさんの中古車買い取り専業店があります。
またおおまかな査定額ならパソコンで車種名、年式、グレ-ド、色、走行距離等のいくつかの項目を入力するだけでわかるサイトが複数存在しています。
第一段階としてはこれらのサイトを利用しておおまかな査定額を掴むことです。
車は新車を所有者登録した時点から中古車となり、基本的には7年間で査定金額はゼロとなります。
一部の人気のある絶版車を除いてはこれは全ての中古車に当てはまります。
デイ-ラ-と中古車買い取り業者とでどちらが高い査車定が付くかという点に関してはデイ-ラ-は基本的には査定本を基準に査定します。
買い取り業者はその中古車の市場での人気によって大きく変わります。
つまり需要と供給のバランスに左右されると言うことです。

また買い取り業者であっても業者によって5万10の差は簡単に出ますので、手間を惜しまず複数の買い取り業者に車を持ち込み車査定してもらうことが高く売るコツと言えます。

ピックアップ

Copyright (C)2017中古車を車査定に出す時の選択肢.All rights reserved.